オープンイノベーション推進部
プロジェクトマネージャーチーム

尾形 圭邦 (入社2年)

LINKERS STAFF

業務内容を教えてください。

発注元のクライアントを訪問して、技術的な課題をヒアリングし、運用チームと協力しながら、案件シートに落とし込むまでを担当しています。

入社のきっかけを教えてください。

2017年に放映されたテレビ番組『ガイアの夜明け』を見たのが、直接のきっかけです。私は当時、旅行業界で営業職に就いていましたが、最初に就職したのは製造業の営業職でした。そのときに、日本の技術力の高さを実感しつつ、「このままでは世界的に取り残される」という構造的な不安も感じていました。そんなときにリンカーズの事業内容を知り、「日本の産業構造を変えたい」という前田代表の想いが、ストレートに心に響いたのです。

Detail_ogata_photo01

発注者の問い合わせを受けてから初回訪問までの間に、どのような準備をおこないますか?

新聞の過去記事でその会社の業績を追いかけたり、その部署の下調べをしたりして、ニーズを想定してから訪問します。事前に調べられる範囲は最大限、調べるようにしています。訪問前に探索テーマがわかっていれば、過去の類似案件なども調査しています。

発注者側の業界の専門知識が乏しい場合の対応は?

もちろん、専門知識は無いよりもあったほうがいいに決まっていますが、私に求められているのはそこではないと感じています。それよりも、きちんとヒアリングし、発注会社がどれくらいのスケジュール感で進めたがっているか、どのようなパートナーを求めているか、きちんとヒアリングをして、できるだけブレが少ないように候補企業に伝えるのが、役目だと考えています。知ったかぶりをすると「詳しい」と誤解され、ヒアリングが不十分になってしまう弊害もあります。普段から各業界の情報収集は心がけていますが、あくまでも「教えていただく」というスタンスで、ヒアリングに集中することが重要だと思っています。

Detail_ogata_photo02

案件シートをまとめるうえで留意している点は?

発注企業の要望が多岐にわたる場合も多いので、優先順位を明らかにし、「主体となるニーズ」「できればあったほうがいい、副次的なニーズ」を整理するようにしています。

どういう業界の案件を扱うことが多いですか?

鉄道インフラや建機・農機メーカー、建設・住設業界や工作機械メーカーが多いです。

異業種を繋ぐ際に頻出する課題は何ですか?

業界によって異なります。例えば建設機械や農業機械のメーカーは、自社で使う技術の不足を補うことが目的ですので、パートナー企業に求めることが明確なことが多いのです。一方、ゼネコンの場合はその技術を売っていくのが目的ですので、コンセプトベースでの要望で、ニーズが明確でないことも多いですね。その場合はヒアリングを重ねて、「試作品まで必要か」「知見レベルでいいのか」などを、できるだけ明確にして案件シートに落とし込むように心がけています。

業務に取り組むモチベーションの源泉は?

Detail_ogata_photo03

純粋に、「今やっている仕事が楽しい」、ということです。誰でもその名前を知っているような大企業が、次にこういうことをやろうとしている、こういう技術を求めているということをサポートできる、ということは大きなモチベーションになっていますね。日々、勉強していかなくてはついていけないので大変なことも多いのですが、その分、自分の知見が広がっていく喜びもあります。そして何よりも、マッチングが成立したときに、双方の企業から感謝されることが最大のモチベーションです。「人に喜ばれる仕事」であることが、私のモチベーションになっていると感じています。

リンカーズの一番の強みは何だと思いますか?

地方のコーディネイターとの独自のネットワークが強みであるのはもちろんですが、R&D(研究開発)を通して、さまざまな企業の相応の役職の方とのネットワークを築いていることも、大きな強みだと考えています。また多くの企業の最先端のニーズや技術を取り扱っているわけですので、その集約が大きなパワーになっていると思います。