愛知銀行

COORDINATOR

案件シートを確認する際に特に注意していることは何ですか?

募集中案件のタイトルの中に貴重な情報が盛り込まれていることが多いので、まずはタイトルに注目してじっくりと確認させていただきます。

その後、その技術に関する背景などをさまざまな方面からリサーチし、確認しております。こうしたビジネス情報は鮮度が非常に重要ですが、リンカーズからは常に新しい情報をいただくことができるので、本当にありがたく思っております。

うまくまとまりやすい案件にはなんらかの共通性があるのでしょうか?

受注企業の側になりますが、自社の技術に関連したニーズ情報を常にチェックし、多方向からの視点で多くエントリーされている企業様は受注の回数も多いようです。

案件シートを見て適合すると判断した企業があった場合、どのようにアプローチをされていますか?また、アプローチする上で気を付けている点・工夫している点はありますか?

各担当者が取引先企業様の技術をかなり細かく把握しておりますので、案件シートを見てリンカーズの案件とマッチングできそうな場合には、積極的にその情報を提供しています。

また、なかにはリンカーズに未加入で受注候補リストに入っていない取引先企業様が、求めている技術に近いものを持っている場合もあります。マッチングのチャンスは取引先企業様のメリットにもなることですので、より選択の幅を広げるため、マッチングの可能性が高そうな企業の場合、こちらから、リンカーズへの加入へのご提案をしています。

受注側の持っているシーズと発注側のニーズを繋げるためにどのような施策をおこなっていますか?

アプローチのスピードをあげるため、毎週月曜日に送信いただく募集中案件を、受けとりしだいすぐに、イントラネットで全店に配信しています。これにより、担当者が新しい情報を取引先企業様によりスピーディにご案内できていおります。その時、マッチングの可能性が高い取引先企業様がリンカーズ未登録先であれば、ご加入のご提案もします。

コーディネーターとしての一番の強みはなんでしょうか?また、その強みを生かすために心掛けていることはありますか?

幸い、取引先情報をダイレクトに入手できる環境ですので、各担当者が取引先企業様の技術を、正確かつ詳細に把握しているのが大きな強みといえるでしょう。ニーズに合う取引企業様へ、情報提供をタイムリーに行って、リンカーズをご提案しています。